えるむの木保育園

保育園について

保育方針

・「くう・ねる・あそぶ」を育てる保育
「食事」は、生涯にわたる命の源。「食べることは楽しい」という気持ちを育てます。
「寝る子は育つ」というのは、寝ている間に成長ホルモンがよく出るからです。しっかりと「睡眠」ができるためには、日中の「遊び」が重要です。太陽の下で、身体を動かして基礎体力を身につけます。

・子どもたちの「初めての体験」を応援する保育
「やりたい」「楽しい」「できる」経験をたくさん積み重ねていくことで、子どもの成長を促します。おうちで経験できないことを先生やお友達と一緒にがんばる気持ちを大切にします。「ドキドキ」と「ワクワク」の体験をしっかり見守り、自信を獲得できるように育てます。

・子どもに寄り添い、気持ちを考える保育
子どもの気持ちを受け止めて、共感し、一緒に考えることで、子どもとの信頼関係を築きます。
子どもへの言葉かけは、具体的にわかりやすいように配慮して、毎日を安心して過ごせる環境を大切にします

施設紹介

保育室

木のぬくもりを感じる家具が子どもたちを出迎えます。先生の手作りモビールなど温かさを感じられる保育室になっています。

調理室

保育室を見渡せるキッチンで子どもたちの姿を見ながら調理します。
「保育園のごはんは美味しい!」と言ってもらえるように調理スタッフが毎日、給食を作っています。

シャワー

お外で遊んで汗をかいたら、一人ずつシャワーを浴びてスッキリします。
子どもたちの身体を清潔に保ちます。

幼児トイレ

明るく開放的なトイレ。
保護者の方とご相談をしながらトイレトレーニングを進めていきます。ぞうさんの手すりがあるから子どもも安心です。

職員室

子どもたちの成長のための保育指導計画や日誌などの執務を行うお部屋です。コロナ禍のため、子どもたちと一緒に食事ができないので、先生方は職員室で食事をします。

連携推進室

企業主導型保育園は、企業様との提携を行い運営しています。入園説明や面接など地域とのつながりを大切にします。

給食について

「一汁二菜」を基本に、少人数だからできる食育を目指します。
お子さまの成長に合わせた味付けや食形態で、細かく切る、柔らかく煮る調理をします。安全で安心できる食材で、季節を感じられる献立を手作りで提供します。野菜パンや米粉パンも保育園で焼いています。
献立は毎日、アプリで保護者さまへ報告しています。

保育士とのコミュニケーションはルクミー

お仕事がお忙しい保護者の方とのコミュニケーションは「アプリ」を活用します。
毎朝の検温とお迎え時間をご連絡ください。登園、降園時は、保育園玄関で保護者の方に打刻していただきます。 保育園でのお子さまの様子はスマホへお届けいたします。
気になることは、ご遠慮なくお知らせください。

保育園の安全対策について

保育園の玄関は、常に施錠しています。来園者はカメラ付きインターホンで確認を行ってから開錠します。保育園の管理は、「フジセキュリティ」と契約をしていますので、万が一の不審者侵入の場合は、防犯ブザーにより「セコム」が駆けつけてくださいます。
また、保育室内には、防犯カメラを設置しており、子どもたちを安全に見守ります。

Daily Program(1日の様子)

年間行事